ooita20170111

元代表FW高松氏 政界進出へ 2月の大分市議選出馬

 元日本代表FWで、16年シーズン限りで現役を引退した高松大樹氏(35)が10日、2月に行われる大分市議会議員選挙に無所属で出馬すると表明した。大分市役所で記者会見した高松氏は「人として、サッカーでも育ててもらった大分市に恩返しがしたい」と出馬理由を説明した。

 サッカー界から市議会議員への転身としては、さいたま市議の元浦和の日本代表GK都築龍太氏や、新潟市議の元新潟DF梅山修氏らがいる。高松氏は「サッカー界から政治の世界への転身は、厳しいものがあるとは覚悟の上です」と語った。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/01/11/kiji/20170111s00002014024000c.html

 

サッカー元日本代表FW高松氏が大分市議選に出馬へ

大分市役所で記者会見し「人として、サッカーでも育ててもらった大分市に恩返しがしたい」と理由を説明。17年のプロ生活のうち、16シーズンでJ3大分に在籍した“ミスター(大分)トリニータ”は、興味のある政策について「スポーツ教育で子どもたちに夢を与えるなど地域に貢献したい」と述べた。

http://www.daily.co.jp/soccer/2017/01/11/0009819207.shtml

ooita00017073
 

元代表FW高松大樹氏 大分市議選に出馬表明「地域への恩返し」

「地域への恩返し」のタイトルでブログを更新した高松氏は「私、高松大樹はこの度、大分市議会議員選挙に立候補することを決意しました」と出馬を表明した。
 突然の立候補について「昨年、引退を決意してから、自分にできることを試行錯誤しながら色々と考えてみました。私のすばらしい経験は、地域の方々の支えなしには不可能でした。スタジアムでの応援、あるいは多くのイベントでの応援など、感謝しかありませんでした。その感謝を考えた時に、地域への恩返しで大分市議会議員になることを自ら決意しました」と地元への感謝が理由だとつづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000048-tospoweb-socc

 

高松大樹オフィシャルブログ

 

 

 















Jリーグ ブログランキング ; にほんブログ村 J2ブログ