yokohamafc17228

キング・カズの真実。勝つために起用する指揮官。50歳現役もまだ通過点

 日本サッカー界の歴史に、未来永劫に語り継がれる1ページが刻まれた。26日のJ2開幕戦。この日50回目の誕生日を迎えた横浜FCのFW三浦知良は、松本山雅FC戦で先発出場を果たし、史上初となる「50歳のJリーガー」になった。観戦に訪れた初代チェアマンの川淵三郎・日本サッカー協会最高顧問、横浜FCの中田仁司監督、そして決勝点をあげた25歳のMF野村直輝の言葉を通して、伝説を刻み続けるキング・カズの真実と50歳にして現役でプレーする価値を追った。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010014-footballc-socc 


「僕はチームのなかの駒の一人として見ています」(中田仁司監督)

 自らの言葉を介して強調したフォア・ザ・チームの精神、50歳になっても変わることのない献身的な姿勢こそが、中田仁司監督をしてスタメンにカズの名前を書き込ませる理由でもある。

「カズがレジェンドあることは確かですけど、一方でプロ中のプロでもあるからこそ、僕はチームのなかの駒の一人として見ています。だって、若い選手たちがカズを抜けないんですから。若い選手が勝っているのは、肌の艶のよさだけかな。若手は何をやっているんだ、となりますよね。
 ただ、皆さんもおわかりのように50歳ですから、リーグ戦で全42試合、すべてでスタメンとして出られるかと言ったらそれは無理です。なので、カズのコンディションがいい時期に、その力を発揮できるような使い方をする。僕が監督を引き受けてからは、ずっとそういう方針を貫いてきました」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010014-footballc-socc

yokohamafc172282
  ©J.LEAGUE PHOTOS


50歳カズ、開幕戦白星に貢献「誕生日プレゼントしてくれた」サポーター、仲間に感謝

 J2横浜FCのFW三浦知良が50歳の誕生日を迎えた26日、J2開幕戦となるホームの松本戦で先発出場。最年長記録を更新し、50代初のJリーグ公式戦出場を果たした。神戸時代の2005年以来12年ぶりの開幕ゴールはならなかったが、1―0で勝利に貢献した。
 試合後、決勝点を決めたMF野村とインタビューを受けたカズは「横浜のサポーターを含め選手、スタッフが一丸となっての勝利。僕の誕生日にプレゼントしてくれた。本当にありがとうございます」と笑顔。
 ニッパツ三ツ沢球技場には13244人が集まり、横浜FC主催試合で同会場でのJ2最多動員記録を更新。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/02/26/kiji/20170226s00002180172000c.html

 
yokohamafc172284
 ©J.LEAGUE PHOTOS
yokohamafc172283
 ©J.LEAGUE PHOTOS


42歳デルピエロ、さん付けでカズ称賛「健闘祈る」

 J2横浜FCのFWカズ(三浦知良)が、Jリーグ史上初めて50歳で試合に出場した開幕の松本山雅FC戦から一夜明けた27日、祝福ムードから臨戦態勢へ切り替えた。

 カズの快挙を世界中のメディアが報じる中、イタリアのレジェンドで元同国代表FWで、42歳のデルピエロも称賛した。自身のブログ(日本語版)で“先輩”の偉業に「決して消える事の無いサッカーへの情熱、そしてそれはまだまだ続く…。カズさんお誕生日おめでとう! 健闘を祈っています!」

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1785155.html

 













にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村