fctokyo173212

FC東京、ウタカ&大久保嘉の新旧得点王そろい踏みでJ1台風の目の予感

 【No Ball、No Life】18日に味の素スタジアムで行われたFC東京-川崎の「多摩川クラシコ」は、FC東京が3-0で完勝した。前半は0-0で折り返したが、後半にFC東京が3点を奪った。

 大久保嘉の得点は、ウタカとの流れるようなワンツーパスから生まれた。ウタカがFC東京に加入したのはシーズン開幕後の今月1日で、チーム合流わずか半月あまり。実戦初コンビとは思えないほど、見事な連係だった。
 「僕たちストライカーは得点を重ねることが仕事。自分も得点できたし、彼のゴールもアシストできた。僕も、彼も、チームにとっても、すごくハッピーなことだよ」とウタカ。大久保嘉も「練習の時からウタカは『ヨシトの近くにいるから』、『パスを出すよ』とずっといってくれたから信じて待っていた」。
早くも2人の信頼関係は築かれているようだ。

 ウタカは昨季、広島で19得点を挙げてJ1得点王を獲得。2015年まで3年連続得点王だった大久保嘉は昨季、15得点を挙げ4年連続のタイトルは逃したが、日本選手トップタイだった。昨季、計34点をたたき出した2人がFC東京の前線に並び立つことで、豪州代表FWネイサン・バーンズ(28)がベンチ入りすらできず。J3の試合に出るほどの豪華布陣だ。
 「これから練習を重ねていけば、もっとよくなるはずさ」とウタカ。「逆の立場だったら、俺は絶対に嫌。脅威になるんじゃない」と大久保嘉も不敵な笑みを浮かべた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000533-sanspo-socc


fctokyo173214

東京大久保、ユニ蹴り謝罪弾「点取って謝らないと」

 FC東京のFW大久保嘉人(34)が、移籍後初となる今季初ゴールで3-0の快勝に導いた。4季在籍した川崎フロンターレとの「多摩川クラシコ」の終了間際にゴール前に抜け出して左足で決めた。

 前節のG大阪戦ではPKを外した。試合後にユニホームを蹴り、後にブログなどで謝罪していた。得点後はすぐにサポーター席に向かって両手を頭の上で合わせ謝罪のポーズ。「点を取って謝らないといけないと思っていたから。そういう時に限って相手がフロンターレで」。試合前の選手紹介では古巣のサポーターから大ブーイングを浴びた。「気づかなかった」と言うも、複雑な思いもあった。篠田監督は「いろいろあった中で結果を残すのは、男の中の男」と目を細めた。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1794331.html


fctokyo17321

1G1Aで得点王の実力を示したFWウタカ…大久保の移籍後初ゴールも祝福

ウタカは62分にFW永井謙佑との交代で、今季のリーグ戦初出場を果たすと、86分に太田宏介のクロスを合わせてリーグ戦初ゴールを記録。後半アディショナルタイム2分にはワンツーからFW大久保嘉人のゴールをアシストし、改めてJ1得点王の実力を示した。
まず、自身のゴールについて聞かれたウタカは、「半分以上、太田(宏介)選手のゴール」と左サイドからクロスを上げたDF太田を絶賛。クロスは「ドンピシャ」だったと振り返った。さらに、ゴール後のパフォーマンス「シャー!」は、DF吉本一謙に教わったと話すなど、早くもチームに溶け込んでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000010-goal-socc

fctokyo173213
 ©J.LEAGUE PHOTOS


にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村