17416 kyoto

【京都】闘莉王ハットトリックで劇的勝利…自身3度目の達成

 J2京都DF田中マルクス闘莉王(35)が、15日の愛媛戦(西京極)でJリーグで自身3度目となるハットトリックを達成した。3点目は後半アディショナルタイムに追いつかれたあとの決勝点となった。

 闘莉王は1点を追う後半7分に右CKからヘディングで同点弾を決めると、同27分にはDF3人に囲まれながら胸トラップしてからのシュートで一時勝ち越しとなるゴール。チームは後半アディショナルタイム1分に2―2の同点に追いつかれたが、勝利を諦めず同2分にゴール前で合わせて決勝弾を叩き込んだ。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170415-OHT1T50169.html


17416 kyoto2

京都サンガFC 3-2  愛媛FC

得点者

愛媛  45分 1-0 近藤 貴司
京都  52分 2-0 田中 マルクス闘莉王
京都  72分 3-0 田中 マルクス闘莉王

愛媛  91分 4-0 浦田 延尚
京都  92分 3-0 田中 マルクス闘莉王

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 入場者数(5,429人)

     京都    愛媛
   FK    15    14
   CK    2    3
   PK    0    0
 シュート    11    12
 警告/退場    3/0    2/0

[ 布部 陽功監督 ]

お互いにチャンスがあり、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。前半は高さを利用して押し込もうとゲームを進め、流れは良かった。ただ、いくつかミスからピンチがあり、前半の終了間際に失点した。後味の悪い前半だったが、ハーフタイムに選手が「みんなが1つになって戦おう」と、すごく前向きに声を出してくれた。後半に逆転してから、システムの変更や交代を考えている中でまた失点してしまったが、最後は(田中 マルクス)闘莉王が意地のゴールを決めてくれ、勝利できたことは本当に良かった。

--3ゴールを挙げた田中 マルクス闘莉王選手について。

闘莉王は練習に復帰してから、声を出してみんなを鼓舞してくれている。「こういう状況だからこそ、しっかり戦おう」と。その思いが今回のゴール、勝利につながったと思う。

--田中 マルクス闘莉王選手を前線に置く形は、今後のベースになり得る?

以前のやり方と併用してやりたい。J2の戦い方を徐々に感じてきて、結果が出ていない中で何か変化を与えなければいけなかった。J2の試合はゴール前のシーンがすごく多くて、押し込んでいる中でも長いボールを蹴ってくる。そういうのは自分たちも時には使っても良いかなと考え、そのやりやすさを考慮して今回は[4-4-2]にした。2トップは相手によって変えていきたいが、こういう戦い方も継続してやっていこうと思う。

[ 間瀬 秀一監督 ]

京都サンガが今日の試合でシステムを変えてくること、背の高い2トップにボールを入れてくること、そしてそのセカンドボールをアタッカータイプの2人が狙っていくこと、そこで収まれば横に出してクロスを上げてくること、その全てを自分たちは分かっていたし、準備もできていた。結果のところで2-3で負けてしまったわけだが、だからこそサッカーというのは人生を懸けて突き詰める価値があるものなんだと感じた。分かっていても、それを上回るものを京都サンガの1人の選手に出されたと思っている。ただ、点を決めたのは同じ選手だが、京都サンガの選手が前半から球際の一つ一つでしっかり戦えたことが、京都サンガの勝利につながったと思う。

われわれも全てが負けているわけではない。意図していたコンビネーションからの先制点や、最後まで諦めずにこぼれ球を押し込んでの同点弾……。本当にもう少しだった。ただ、足りなかったもう少しの部分が、勝負事ではものすごく大きい。まだまだ誰も下を向いていないので、全員で力を合わせて練習をしていきたい。

http://www.jleague.jp/match/j2/2017/041507/live/#coach


17416 kyoto3

©J.LEAGUE PHOTOS

京都DF闘莉王がハット、布部監督「心強い存在」

 京都サンガFCの元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)がハットトリックを達成した。 後半7分、同27分、にゴール。2-2に同点とされた後半47分には3点目を挙げ、これが決勝弾となった。右足を負傷し、離脱していたため4試合ぶりの出場。

 闘莉王は「先制されて、(一時は)逆転して、でも追い付かれて。僕自身、もう1点取ってやろうという気持ちがあの(後半ロスタイムの)1点につながった」。布部陽功監督(43)は闘莉王について「いるだけで相手も嫌。チームメートとしては頼りになる心強い存在」とたたえた。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1808411.html


 


























にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村