17427 urawa

ハリル監督、浦和の強さに感服「ほとんどの選手が代表候補」

 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグF組第5戦(26日、浦和6-1ウェスタンシドニー、埼玉)日本代表のハリルホジッチ監督が、浦和の圧勝劇を見届けた。試合前には、ACミランのFW本田がリーグ戦に出場したことに触れ「たった2分でも気持ちが入っていた。2度のチャンスを作っていた」と満足そう。試合後には「豪州のチームが浦和の速さについていけなかった。浦和を3年間、見てきたけれど、ほとんどの選手が代表候補」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000006-sanspo-socc


17427 urawa2

浦和レッズ 6-1  ウェスタンシドニー

得点者

浦和 14分 1-0 関根 貴大
浦和 18分 2-0 ズラタン
浦和 43分 3-0 李 忠成

wsw 66分 3-1 楠神 順平
浦和 71分 4-1 ラファエル シルバ
浦和 80分 5-1 ラファエル シルバ
浦和 94分 6-1 興梠 慎三

埼玉スタジアム2002 入場者数(19,467人)

     浦和    wsw
   FK    18    13
   CK    5    1
   PK    0    0
 シュート    17    10
 警告/退場    0/0    4/0

[ ペトロヴィッチ監督 ]

前半は立ち上がりからアグレッシブに入れたと思う。前からアグレッシブにプレッシャーを掛ける中で相手にほとんどゲームを作らせなかった。そういう中で3-0とリードすることができた。後半に入って途中から選手たちは若干飛ばしていたのか、疲れが見え始める中で相手に何回か危険なシーンを作らせてしまった。運動量が落ちて、守備は特に中盤で相手に使われる展開で相手にチャンスを与えるシーンもあったが、ボールを奪ったところでは常に相手の背後に危険な攻撃を続けて仕掛けることができた。最終的に6-1で勝利できたが、その結果に関しては素晴らしいと思う。ただ、幾つか修正しないといけない点もあったと思っている。

--グループステージ突破が決まったが、率直な気持ちは?

まず、われわれの目標としていたグループステージ突破を決められたことは良かったと思う。ACLだけでなくリーグ戦、カップ戦を含めてわれわれ浦和レッズは一番高いところに上り詰めるという目標に向かってやっている。その第一歩を踏み出せたのは良いことだと思う。今日、われわれは大差をつけて勝利することができたが、そのこと、あるいはグループステージを突破できたことに浮かれてはいけない。

https://www.jleague.jp/match/acl/2017/042602/live/#coach


 













にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村