17710 yamaguti

レノファ山口:後半戦を白星発進! 新・攻撃的サッカー、小塚と岸田でスコア動かす

J2レノファ山口FCは7月9日、維新百年記念公園陸上競技場(山口市)にモンテディオ山形を迎え、後半戦最初の試合に臨んだ。レノファは前半38分に小塚和季が先制点を決めると、後半にも岸田和人がゴールを挙げて2得点。守備陣もピンチを耐え、2-0で勝ち点3を掴んだ。順位も上がり、降格圏を抜け出した。

MF小塚和季を3試合ぶりに先発起用したレノファ。今節も飲水タイムが設けられるほどの暑さに見舞われながらも、積極的にボールを動かし、そしてゲームを動かしていく。前半はレノファが主導権を掌握。FW岸田和人が相手DFの背後を狙ったり、クロスボールからチャンスを広げたりと一方的な展開となる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/uedashinnosuke/20170710-00073119/


17710 yamaguti2

17710 yamaguti3
©J.LEAGUE

レノファ山口FC 2-0  モンテディオ山形

得点者

山口  38分 1-0 小塚 和季
山口  57分 2-0 岸田 和人

維新百年記念公園陸上競技場 入場者数(4,567人)

     山口    山形
   FK    15    17
   CK    3    2
   PK    0    0
 シュート    8    12
 警告/退場    1/0    1/0 

https://www.jleague.jp/match/j2/2017/070903/live/#live


山口 カルロス マジョール監督

とても厳しい試合でした。前半はとても良い状態で入って、後半もまた15分ほど良い時間が続きましたが、その後少し厳しくなりました。しかし、その後のプレーが今日の勝利を決定づけたものだと思っています。

--先制点のようなクロスからのゴールの形は、練習から狙っていましたか?

私が就任する前から、チームとしてポゼッションは良いものを持っていると認識していました。それを生かした上でサイドを広く使って、サイドから得点のチャンスを増やせるようにということは意識してやっていました。普段から練習していることですし、こういった得点を続けることによって、選手たちも自分たちがやっているサッカーやプレーに自信が生まれてくるのではないかと思っています。

山形 木山 隆之監督

ここ最近、厳しい試合が続いているんですけども、なんとかアウェイで勝点を取りたいと思って来ました。前半は少し耐えながら、後半に少し勝負ができればと思った試合だったんですけど、前半に一つ失点をした。ただ、前半の押され気味な展開を(失点)1で抑えて、後半いけるんじゃないかなと思ったんですけど、チャンスはありましたけど、ちょっと届かなかったかなと。いま、われわれにとっては非常に耐えないといけない時期ですけど、しっかり耐えて次につなげたいと思っています。

https://www.jleague.jp/match/j2/2017/070903/live/#coach


 























にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村