17719 imabari3

岡田武史氏のFC今治、3億円新スタジアムを公開

元日本代表監督で、日本協会の岡田武史副会長(60)がオーナーを務めるJFL・FC今治のクラブ専用スタジアム「ありがとうサービス.夢スタジアム(夢スタ)」が18日、初公開された。JR今治駅から南西に約5キロの丘陵地帯に建設され、総工費は3億円強。岡田氏が「自治体の力を借りず自前で建てた」と胸を張るスタジアムは、収容5000人超、天然芝でJ3参入要件を満たしている。

 バックスタンドを設置せず、メイン観客席から今治市街と瀬戸内海が一望できる。ピッチと観客席の間に柵がない、臨場感ある造りにもなっており「イングランドのように、お客様が敬意を持って立ち入ってこない会場にしたい。その代わり、ボールが飛んでくるのでヘルメット持参で」と笑わせた。クラブカラーの群青と黄色で統一されたロッカールームも披露し「壁には我々の哲学『We Sail The Dream(夢へ出航)』と書き入れる」と次々と夢を語った。

 完成は8月20日予定で、オープニングゲームは9月10日のJFL第2ステージ(S)第7節ヴェルスパ大分戦。豪華ゲストを招くなど、岡田氏は「度肝を抜くイベントを考えている」と予告した。現在は県内外の会場を転々としているが、完成後の残り5試合は使用する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-01858003-nksports-socc


「夢スタYUMEプレート」のお披露目にガイナーレ鳥取の代表取締役GM岡野雅行氏駆けつける

9月10日のホーム戦より使用可能となる J3対応、5,000人収容可能のサッカー専用スタジアム「ありがとうサービス.夢スタジアム」のメディア向け内覧会を実施しました。

さらに2017年1月27日より申込み販売を開始したスタジアムネームプレート"夢スタYUMEプレート"の土台のお披露目及びプレートの設置セレモニーを実施。
このセレモニーには、"野人"ことガイナーレ鳥取の代表取締役GM岡野雅行氏も参加しました。
岡田オーナー・岡野氏がそれぞれのメッセージの入ったプレートを土台に設置。
このプレートの売上は、「ありがとうサービス.夢スタジアム」の設備投資に充てられる予定で、ファン・サポーターの皆様に向けて"夢スタYUMEプレート"の購入を通じた観戦環境充実のご協力を岡田氏自ら呼びかけました。

【岡田武史オーナーコメント】

この夢スタYUMEプレートは、ご来場いただく皆様のスタジアム体験を少しでも良くしたいという思いで取り組んでいます。ご購入頂き、私たちの目指すワクワクするスタジアムを、皆様と一緒に作っていきたいです。また、このプレートは、私が携わったサッカー選手、著名人など沢山の方にもお声がけしています。もしかすると、ご購入頂いた皆様のお名前の横に、サッカー選手がいたり、上には著名人のプレートがあるかもしれません。ご購入頂いた後は、自分のプレートはどこにあるんだろう?そんなワクワクを提供したいですね。岡野のYAJINスタジアムで集めた1億4千万円を越えるようにがんばらないとですね。ぜひ、一人でも多くの皆様にご購入頂き、一緒に快適なスタジアムを作っていきましょう。」

【岡野雅行氏コメント】

「あの日、ジョホールバルでゴールを決められなかったら、ここで岡田さんと二人で立つことがなかったと思うと不思議な感覚です。僕もYAJINスタジアム建設のために、プレートやブロックを販売し、多くの皆様にお力をお借りしました。当時選手だったので、色々な場面でお願いをして、スタッフも総出でお願いをして、ようやく1億4千万円集めることができました。FC今治の取り組みを僕も応援しています。そして、FC今治がJリーグに昇格されたら、このありがとうサービス.夢スタジアムで試合できる日を楽しみにしています。

http://www.fcimabari.com/news/2017/000675.html


17719 imabari

2017年9月完成予定の「ありがとうサービス.夢スタジアム」に、好きなメッセージを刻んだ自分だけのネームプレートを埋め込もう!

「ありがとうサービス.夢スタジアム」の入口側(バックスタンド側)中央に設置される個人ネームプレートを販売します。
ネームプレートの売上金額は、スタジアムの設備充実の投資費用に充てさせていただきます。
スタジアムが存続する限り、半永久的に設置します。

17719 imabari2

http://www.fcimabari.com/support/nameplate_project.html


 























にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村