17917 kanazawa4
LEAGUE

ツエーゲン金沢が11戦ぶり白星で連敗ストップ…名古屋は痛恨の連敗/J2リーグ第33節

明治安田生命J2リーグ第33節が9月17日、1試合行われた。

ツエーゲン金沢は名古屋グランパスと対戦。開始早々の6分、金沢がPKで先制点を奪うも、58分に名古屋の特別指定選手、MF秋山陽介が強烈なミドルシュートを突き刺す。秋山のJリーグ初ゴールは貴重な同点弾となった。追い上げムードの名古屋だったが、72分、74分と立て続けに失点。3-1で金沢が勝ち、11試合ぶりの白星で連敗ストップ。名古屋は連敗で4試合勝ちがなく、前節終了時の4位から、プレーオフ圏内ぎりぎりの6位に後退した。

試合結果は以下の通り。残り2試合のうち1試合は18日に行われ、台風の影響により開催中止となった愛媛FC対京都サンガF.C.は、追って代替日程が発表される。

GOAL:9/17(日) 19:12
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00010002-goal-socc


17917 kanazawa2

17917 kanazawa3

ツエーゲン金沢 3-1 名古屋グランパス

得点者

金沢  06分 1-0 宮崎 幾笑
名古屋  58分 1-1 秋山 陽介
金沢  72分 2-1 金子 昌広
金沢  74分 3-1 佐藤 洸一

石川県西部緑地公園陸上競技場 入場者数(11,173人)

     金沢    名古屋
   FK    6    13
   CK    2    6
   PK    1    0
 シュート    11    17
 警告/退場    2/0    2/0

https://www.jleague.jp/match/j2/2017/091702/live/#live


金沢  柳下 正明監督

マイボールになってから一つ目、二つ目のパスの精度を上げていかないとやっぱり苦しいゲームが続くと思う。そこはトレーニングしてやり続けます。90分とおして自分たちの役割、やるべきことをやれたということが、勝点3を取れた原因だと思っています。

守備においては、コンパクトにしてスライドを速くしてスペースを与えない、近い相手を見つけてマークする。そのあたりを90分とおしてなんとかやれた。こういうゲームができるけど、1回や2回は誰でも、どんなチームでもできる。これをやり続けるということが難しいけども、われわれにとって必要なこと。残り9試合しっかり準備して、また良いゲームをやって勝点を取れるようにやっていきたい。

 

名古屋  風間 八宏監督

今日はたくさんのサポーターが来てくれた中で、ふがいない戦いをしてしまった。抽象的な言葉は好きではないが、闘争心だったり責任感だったり、自分がうまくいかないときに何をしないといけないか、一人ひとりが全ての場面で勝負を背負わないといけない、もう一度それを明確化しないといけないと思った試合でした。

--公開練習では4バックでしたが3バックで挑みました、その理由は?

もちろん練習で良かったこと。ただ4DF、3DFの話ではないので、一番は自分たちが勝つための執着心、執念、責任感をピッチに持ち込まないといけない、そういうところを特化して練習からやっていきたいと思いました。


17917 kanazawa
































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村