171001 ooita3
LEAGUE

“元FW”川西が今季初ゴール!3試合ぶり白星の大分が7位浮上

 J2リーグは1日、第35節を行い、大分トリニータはアウェーでファジアーノ岡山を3-0で下した。9月9日の名古屋戦(○1-0)以来、3試合ぶりの勝利。連敗の岡山は9月2日の山形戦(△1-1)以降、5戦勝ちなし(3分2敗)となった。

 大分は岡山のハイプレスをかわし、立ち上がりから優勢に試合を進めた。前半23分、MF鈴木惇の右CKをニアサイドでFW三平和司がフリック。ファーサイドのDF鈴木義宜が右足でダイレクトシュートを放ったが、GK一森純が適切なコース取りでブロックした。

 前半35分、大分がついに先制点を奪った。中盤でMF川西翔太の横パスを受けた鈴木惇がダイレクトで縦に展開し、フリーで受けたFW林容平が突破を見せる。PA近くでスルーパスを送ると、抜け出したのは長いランニングを見せた川西。ボランチ起用が続く元FWが右足シュートを流し込み、今季初ゴールを記録した。

 大分は後半15分、林に代えてFW伊佐耕平を投入。すると同19分、右サイドを攻め込んだFW後藤優介のクロスに三平が合わせると、一森が一度はブロックしたが、こぼれ球に反応した鈴木惇がPA外から豪快なボレーシュートを放つ。クロスバーの跳ね返りがゴールラインを越え、今季5ゴール目が貴重な追加点となった。

 2-0とリードを広げた大分は後半26分、カウンターからドリブル突破を見せた三平が右にノールックパス。フリーで抜け出したMF松本怜がワントラップでおさめ、PA右から右足シュートを叩き込み、リードを3点に広げた。松本は開幕節の福岡戦(○2-1)以来、今季2ゴール目となった。

ゲキサカ:10/1(日) 15:40
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-01644660-gekisaka-socc


171001 ooita

171001 ooita2

ファジアーノ岡山 0-3  大分トリニータ

得点者

大分  35分 0-1 川西 翔太
大分  64分 0-2 鈴木 惇
大分  71分 0-3 松本 怜

シティライトスタジアム 入場者数(9,858人)

     岡山    大分
   FK    10    14
   CK    2    4
   PK    0    0
 シュート    8    12
 警告/退場    0/0    0/0

https://www.jleague.jp/match/j2/2017/100104/live/#live


岡山 長澤 徹監督

試合前に選手に言ったのは、スタジアムに集まってもらった方々にやっぱりまた観に来たいと思ってもらうことが一番大事なことだと。そう話して試合に入っていったんですけど、今日も少し勇気を失ったようなゲームの立ち上がりをしてしまった。それはやっぱり準備段階の問題だと思いますので、非常に申し訳なく思っています。

大分 片野坂 知宏監督

アウェイで岡山さんを相手に厳しいゲームになることを覚悟して臨んだ。選手は試合の入りから集中して、闘う姿勢と一体感を持って、それを90分間切らさずにプレーしてくれた。それがこの結果につながったと思う。素晴らしいゲームをしてくれた。選手たちを誇りに思う。

攻撃にしても守備にしても今日のゲームに対しての狙いを、チームとして合わせてできた。これを残りのゲームでも続けながらトライして、積み上げて、最後にご褒美をもらえるように、つかみ取りたい。そういう準備をしていきたい。次節はホームで、また難しい試合が待っている。ホームでも勝点3が取れるように、切り替えて良い準備をして臨みたい。

https://www.jleague.jp/match/j2/2017/100104/live/#coach


171001 ooita4
©J.LEAGUE

 



























にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村