J2サッカー通信イメージ画像

J2を中心に国内サッカーのまとめ・応援ブログです

J2サッカー通信 イメージ画像

    2016年06月

     救急車で緊急搬送 エースの離脱8日のJ2町田戦の前半途中で相手選手と接触、救急車で緊急搬送されていた清水エスパルス・FW大前元紀(26)が多摩市の病院で検査を受け、左ろっ骨4本を骨折していたことが9日、分かった。 全治は未定。チーム関係者によると、「第
    『(清水)J2得点王・大前元紀 あばら骨4本骨折…肺に微量の血も』の画像

      熊本地震の影響によるリーグ戦中止から復帰後初勝利を挙げ、横断幕を手に場内を一周 明治安田J2第17節(8日・長野県松本平広域公園総合球技場ほか=11試合)首位札幌は2―3で松本に敗れたが、勝ち点33で首位を守った。松本は同32で2位に浮上した。岡山は徳島に勝
    『J2熊本が復帰後初勝利 札幌、敗れるも首位守る』の画像

      ヴァイッド・ハリルホジッチ監督「がっかりしている。他の結果を出せる資格がわれわれにはあったと思っているが、2失点に関しては集中力(の欠如)とナイーブさが原因だったと思う。特に1失点目はわれわれが決めた直後だった。今日のミーティングで言ったばかりだった、
    『日本代表 ハリルホジッチ監督(試合後コメント)「フィジカルが100%でないと、われわれのやりたいプレーはできない」』の画像

      依然、厳しい状況にあるハリルジャパン9月にスタートするW杯アジア最終予選前に行われる最後のインターナショナルAマッチ。今回のキリンカップは、そういう意味で、日本代表の現在地を確認するための貴重かつ最後の機会だった。しかも、相手の問題で大勝したブルガリア
    『【サッカー日本代表】フルハイライト日本VSボスニア【キリンカップ】』の画像

    ゼルビアキッチンに見る「地域密着の形」 小田急線の「町田市の東の玄関口」鶴川駅。急行が止まらないのに、1日の平均乗降人員が6万8000人を越えるこの駅は、FC町田ゼルビアを取材する際の起点となる。駅構内の跨線橋(こせんきょう)には、週末の試合結果とJ2の
    『「町田」にこだわり続ける理由 FC町田ゼルビア地域密着の形』の画像

    今季のJ2は”新顔”の元気がいい。 J3から今季昇格してきた町田ゼルビアが一時は首位に立つなど(現在は2位)、開幕から好調を維持しているのに続き、今度は同じ今季昇格組のレノファ山口がジワジワと順位を上げている。 第5節までは1勝2敗2分けと、J2の壁にぶつかっ
    『J2でも大爆発! レノファ山口の超攻撃的サッカー』の画像

    北海道コンサドーレ札幌は6日、MF稲本潤一が右ひざ前十字じん帯断裂で全治8カ月と診断されたことを発表した。 稲本は4日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉戦に先発出場したが、17分に負傷交代を強いられた。同選手は今シーズン、明治安田生命J2
    『コンサドーレ札幌 稲本潤一、右ひざ負傷で全治8カ月』の画像

    6月4日(土)、長野県松本氏の松本平広域公園総合球技場(アルウィン)で開催されたサッカー明治安田生命J2リーグ第16節・松本山雅FCvsギラヴァンツ北九州戦で、スーパーGT500クラスに参戦するEpson NSX CONCEPT-GTがデモランを行った。 2015年はJ1で戦っていた松本山雅は、
    『松本山雅ホームアルウィンでNSX CONCEPT-GTがデモラン!』の画像

      ↑このページのトップヘ