J2サッカー通信イメージ画像

J2を中心に国内サッカーのまとめ・応援ブログです

J2サッカー通信 イメージ画像

    2016年12月

    中村俊輔、磐田移籍を視野に交渉 横浜M、斎藤らも退団か  J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)が移籍を視野に、J1磐田と交渉していることが29日、分かった。横浜Mは契約延長を申し出ているが、モンバエルツ監督の続投など強化方針への不信感が根強い。天皇
    『横浜M 中村俊輔、磐田移籍を視野に交渉!』の画像

    川崎主将・中村、“夢舞台”元日で「必ず勝ってチャンピオンに」  第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝が行われ、川崎フロンターレは大宮アルディージャと対戦し、1-0で勝利した。試合後、同クラブでキャプテンマークを巻くMF中村憲剛がコメントを残している。 大
    『天皇杯 2冠に王手の鹿島 初タイトル狙う川崎が元日決勝進出!!』の画像

    40歳GK楢崎、J2降格の名古屋で現役続行「1年でJ1復帰を果たす覚悟と責任を胸に…」  来季からJ2に降格する名古屋は28日、元日本代表GK楢崎正剛(40)と来季の契約を締結したと発表した。楢崎は41歳になるシーズンも名古屋で現役を続行する。 「期待と
    『名古屋 GK楢崎と契約更新 来季も名古屋!「1年でJ1復帰を果たす覚悟と責任を胸に」』の画像

    鹿島 J2降格福岡からFW金森健志を獲得「より高いレベルで…」  J1鹿島は28日、来季J2へ降格する福岡からFW金森健志(22)が完全移籍で加入すると発表した。 福岡県出身の金森は、筑陽学園高から2013年に当時J2だった福岡入り。リーグ戦の通算成績は
    『鹿島 J1王者が着々補強 福岡FW金森健志を完全移籍で獲得!!』の画像

    FC東京、長崎GK大久保択生を獲得「力を全て発揮する」 今季J2全試合出場   V・ファーレン長崎に所属するGK大久保択生が、FC東京へ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが28日に発表した。 今季は明治安田生命J2リーグで全42試合出場、天皇杯で1試合出場を記録した
    『FC東京 長崎GK大久保択生を完全移籍で獲得「力を全て発揮する」』の画像

    【山形】FW中山、J2山口から完全移籍加入…今季11得点のストライカー  J2モンテディオ山形は27日、FW中山仁斗(まさと、24)が、J2山口から完全移籍で加入すると発表した。  中山は兵庫県出身。身長180センチの左利きストライカーで、長洲SC、大産
    『山形 山口からFW中山、完全移籍加入…今季11得点のストライカー / 移籍情報まとめ』の画像

    徳島で7年間プレーの橋内優也、松本へ完全移籍「力を全て出したい」  徳島ヴォルティスに所属するDF橋内優也が、松本山雅FCへ完全移籍で加入することが決まった。26日に両クラブが発表している。 橋内は徳島に対して以下のようにコメントしている。「このたび松本山雅FCに
    『松本山雅 徳島からDF橋内選手を完全移籍で獲得!!』の画像

    【金沢】岐阜から期限付き移籍中のMF秋葉が完全移籍で加入「1つでも多く勝つ」   J2の金沢は26日、今季J2岐阜から期限付き移籍していたMF秋葉勝(32)が完全移籍で加入すると発表した。今季はJ2リーグ戦18試合に出場。「1つでも多く勝ってみなさんと喜
    『金沢 岐阜のMF秋葉が完全移籍で加入「1つでも多く勝つ」 / ツエーゲン移籍情報まとめ』の画像

    熊本で4シーズン目突入へ ロアッソ熊本は25日、元日本代表FW巻誠一郎と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。現在36歳の巻は、ジーコ監督率いる日本代表の一員として2006年ドイツW杯に参加。同代表では通算38試合に出場し、8ゴールを挙げている。 今年は熊本震災の
    『熊本 精力的に地元の復興支援を行っている元日本代表FW巻と契約更新』の画像

    49歳ゴン中山、現役続行を発表!! 5季ぶりJ出場へ期待が高まる 来季から明治安田生命J3リーグに参入するアスルクラロ沼津は25日、FW中山雅史と2017シーズンの契約を更新したと発表した。  現在49歳の中山は、ジュビロ磐田の前身であるヤマハ発動機で1990年にプロキャリア
    『J3沼津 ゴン中山、現役続行を発表!!5季ぶりJ出場へ期待』の画像

      J2群馬新監督に森下氏が就任「愛されるチームに」  J2群馬は23日、磐田や鳥栖を指揮した森下仁志氏(44)が新監督に就任すると発表した。  森下氏はクラブを通じ「一人でも多くの方に、また観たい、また応援したいと思ってもらえるサッカーをして、一人でも多
    『群馬 新監督に元磐田 鳥栖監督の森下氏「愛されるチームに」』の画像

      ↑このページのトップヘ