180318 kyoto3
LEAGUE

2得点の京都MF小屋松知哉「やっぱり勝つことは気持ちいい」…さらなる決定力向上に意欲

明治安田生命J2リーグ第4節・FC岐阜戦で2-1の勝利を収めた京都サンガF.C.。今季初白星の立役者となったのは、2得点を挙げたMF小屋松知哉だった。

「やっぱり勝つことは気持ちいいです。苦しい試合でしたけど、そこで勝つという中で、気持ち的には違うかなと思います」と、満足げに語る小屋松。自身初となる1試合2得点についても「意識はしてなかったですけど、うれしかったです」と語ったが、「でも、まだチャンスがあった中で決められなかった」と、課題を挙げた。

GOAL:3/17(土) 19:47
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000017-goal-socc



180318 kyoto

180318 kyoto2

京都サンガF.C. 2-1 FC岐阜

得点者
京都  18分 1-0 小屋松 知哉
岐阜  41分 1-1 古橋 亨梧
京都  75分 2-1 小屋松 知哉

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 入場者数(5,436人)

     京都    岐阜
   FK    17    12
   CK    2    5
   PK    0    0
 シュート    12    3
 警告/退場    2/0    2/0

https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031709/live/#live


京都 布部 陽功監督

ここ2試合は立ち上がりが良かったけど、今日も試合の入りは良かった。先制点もわれわれがブロックを作って、カウンターからパスをつないで仙頭(啓矢)のシュートを小屋松(知哉)が押し込んだが、みんなが前へ前へと行く勢いだとか、味方を追い越す動きだとか、練習でやってきたことが出た。

岐阜さんの素早い切り替えやパスワークを出されたところもあったけど、やられた感じはなく、相手のチャンスはほとんどなかったと思う。(2点目の)ビツ(石櫃 洋祐)のクロスからの小屋松のゴールも練習どおりだった。

ずっと練習していることを粘り強くやって、守備の面も良かった。ただ、ボールを奪ったあとのつなぎがまだまだできていない。相手に簡単にボールを渡してしまっているので、そこは修正していきたい。

--今季初勝利となったが?
ホッとした気持ちはあるけど、勝点をまだまだ積み上げないといけない。ただ、内容は開幕戦より少しずつステップアップできている部分がある。攻撃の組み立てのところではもっとつなげるシーンもある。もっとトライしてやっていきたい。


岐阜 大木 武監督

前節・千葉戦で今季初勝利を挙げましたし、良い形で試合に入れると思っていましたが、中々ペースを握れない試合となりました。そして、そのまま試合が終わった形ですね。次の試合も、すぐにきますので、また頑張れるようにしっかりと練習したいと思います。

--少しミスがビルドアップ時に多かったように見えましたが?
今季はそういったミスが少し目立っている。ただし、空いているスペースはありますし、そこにパスを出せていければ良かったのですが、そこまではいけなかった。

https://www.jleague.jp/match/j2/2018/031709/live/#coach










にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村