180513 matida2
LEAGUE

粘り強く戦った町田が讃岐に完封勝ち!3連敗から3連勝飾って4位浮上

J2リーグは13日、第14節2日目を行った。町田市立陸上競技場ではFC町田ゼルビアとカマタマーレ讃岐と対戦し、3-0で勝利した。

 町田は前半26分、左腿裏あたりを痛めたMF中村祐也が自ら歩いてピッチを後にし、FW杉森考起との交代を余儀なくされた。前半のうちに交代カードを使うこととなったが、直後に先制点を挙げる。29分、左CKからMF吉濱遼平がゴール前に蹴り込むと、深津が頭で中央へ折り返したボールを大谷が右足で沈め、1-0。前半をリードして終えた。

 さらに町田は後半開始早々に追加点を奪う。3分、浮き球パスからPA左に進入したFW鈴木孝司が左へ叩き、FW中島裕希がピンポイントクロスを供給。フリーでゴール前に走り込んだ吉濱がヘディングシュートを叩き込み、2-0とリードを広げた。15分には、深津に代えてDF小島雅也をピッチに送り込んだ。

 停滞気味の讃岐は、後半18分にFW重松健太郎に代えてMF西弘則を投入する。29分、佐々木がPA左深くまで進入し、左足で上げたクロスに木島が飛び込んだが、GK福井に処理されてしまう。32分には、北野誠監督が2枚替えを決断。木島とDFパク・チャニョンを下げ、MF林友哉とMF鈴木拳士郎を入れ、交代カードを使い切った。

 しかし、次にスコアを動かしたのも町田だった。後半34分、鈴木がPA右で粘ってボールをキープすると、中島、吉濱とつながって最後に杉森が右足でゴール左隅に流し込み、3-0。その後も讃岐に得点を許さなかった町田が、3連敗から3連勝とし、4位に浮上。一方、讃岐は3連敗を喫した。

ゲキサカ:5/13(日) 18:04
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-01653768-gekisaka-socc




180513 matida
©J.LEAGUE

FC町田ゼルビア 3-0 カマタマーレ讃岐

得点者
町田  29分 1-0 大谷 尚輝
町田  48分 2-0 吉濱 遼平
町田  79分 3-0 杉森 考起

町田市立陸上競技場 入場者数(2,414人)

     町田    讃岐
   FK    22    25
   CK    6    5
   PK    0    0
 シュート    12    5
 警告/退場    0/0    3/0

https://www.jleague.jp/match/j2/2018/051306/live/#live






































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村