180808 niigata

監督交代の新潟が声明を発表…「クラブが一丸となって向き合うために決断」

 アルビレックス新潟の中野幸夫代表取締役社長は8日、「アルビレックス新潟に関わるすべての皆様へ」とした声明文を発表した。

 1年でのJ1復帰を目指すクラブはこの日、今季から新潟の新指揮官に就任した鈴木政一監督(63)との契約を解除した。チームはJ2第27節終了時点で8勝5分14敗の勝点29で19位に低迷。中野社長は「この現状の責任は、クラブの代表である私にあると痛感しております」とし、監督交代の経緯について説明した。

 なお、暫定的に8日から片渕浩一郎ヘッドコーチ(43)が指揮を執り、後任については決定次第、発表するとしている。

ゲキサカ:8/8(水) 15:11
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?251417-251417-fl



新潟公式:鈴木 政一監督 契約解除のお知らせ

いつもアルビレックス新潟へ温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。当クラブでは、鈴木政一監督との契約を8月7日付けで解除いたしましたので、お知らせいたします。なお、暫定的に本日から片渕浩一郎ヘッドコーチが指揮を執ります。また、後任につきましては、決定次第、お知らせいたします。


180808 niigata2
©J's GOAL

鈴木 政一 監督 (SUZUKI Masakazu)

  • 生年月日 1955年1月1日(63歳)
  • 出身地 山梨県
  • 選手歴
    1977年-1982年 ヤマハ発動機サッカー部
  • 経歴
    1984年-1990年     ヤマハ発動機サッカー部 コーチ
    1991年-1992年     ヤマハ発動機サッカー部 総監督
    1993年-1994年     ジュビロ磐田 サテライト監督
    1995年-1996年     ヤマハフットボールクラブ 強化部育成課長
    1999年-2000年6月   ヤマハフットボールクラブ 強化部育成課長兼スカウト
    2000年6月-9月     ジュビロ磐田 ヘッドコーチ
    2000年9月-2002年   ジュビロ磐田 監督
    ※2001年、2002年   Jリーグ最優秀監督賞 受賞
    2003年-2009年3月   ジュビロ磐田 強化部長
    2004年9月-11月    ジュビロ磐田 監督(強化部長兼任)
    2009年4月-12月    ジュビロ磐田 育成部長(ダイレクター)
    2010年9月-2011年3月  AC長野パルセイロ 強化本部長
    2011年4月-2012年   日本体育大学サッカー部 監督
    2013年         U-18日本代表 監督
    2014年         U-19日本代表 監督
    2015年-2017年     日本体育大学サッカー部 監督
    2018年         アルビレックス新潟 監督

  • 資格
    日本サッカー協会公認S級指導者ライセンス

  • 監督成績
    2018明治安田生命J2リーグ 8勝5分14敗 勝点29 19位
    2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 2勝1分3敗 3位
    天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦敗退

  • コメント
    「アルビレックス新潟を支えてくださるサポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様をはじめ、ご関係者様から大きなご支援をいただきながら、結果でこたえることができず、本当に悔しく、また申し訳なく思います。

    J1への復帰のために、共に闘ってくれた選手・スタッフ、またフロントスタッフやボランティアの皆様には、心から感謝しています。もちろん、チームの勝利を願って、どこへでも応援に駆けつけていただいたサポーターの熱いご声援にも、深く御礼申し上げます。

    アルビレックス新潟がこれから飛躍されることを、心から祈っています。どうか、今後もクラブへのご支援やご声援をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。」

http://www.albirex.co.jp/news/top_team/55740



新潟公式:アルビレックス新潟に関わるすべての皆様へ

日頃よりアルビレックス新潟に温かいご声援と多くのご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

このたび、今シーズンからトップチームの指揮を執っていただいていた鈴木政一監督との契約を解除いたしました。鈴木監督には、アルビレックス新潟が成長するために、チーム立ち上げから誠実に取り組んでいただきました。J2リーグは27節が終わり、アルビレックス新潟は8勝5分14敗で19位におります。この現状の責任は、クラブの代表である私にあると痛感しております。

サポーターの皆様、後援会の皆様、株主の皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンをはじめとした自治体の皆様、アルビレックス新潟に関わるすべての皆様からは、多大なるご声援・ご支援とともに期待を寄せていただいております。残り15試合、皆様のご声援・ご支援にお応えし、クラブが一丸となって向き合うために、監督の契約解除を決断いたしました。

本日から、トップチームは片渕浩一郎ヘッドコーチが指揮を執ります。8月11日にはホームで栃木SC戦も差し迫っております。選手・チームスタッフ・フロントを含めたすべてのスタッフが、片渕浩一郎ヘッドコーチのもとに結束して臨むことが重要であると考えております。

アルビレックス新潟に関わるすべての皆様、ここまで常に温かいご声援・ご支援を賜り、心から御礼申し上げます。ぜひ、引き続き温かいご声援・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 アルビレックス新潟
代表取締役社長 中野 幸夫

http://www.albirex.co.jp/news/club/55746



































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村