190222 cosaka2

C大阪が山下ヘッドで開幕白星スタート!都倉投入で流れ変わる…神戸はビジャがフル出場も不発

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが22日に開幕。ヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪とヴィッセル神戸が対戦した。

試合は序盤、C大阪が前への姿勢を強めるが、それをいなす神戸が徐々にポゼッションを高めていく。古巣・C大阪との開幕戦となった山口がボールを持つと、スタジアムは大ブーイングの嵐に。神戸は1トップに入るものと見られたビジャが左サイドに張る形に。中央のイニエスタが“偽9番”のように中央で陣取り、ポドルスキが右サイドに位置をとった。

C大阪は神戸の前線から始まるプレスを掻い潜り、起点となる清武にボールを集める。54分には柿谷がボールをキープしてタメを作ると、最後は水沼がシュート。しかしこれはオフサイドを取られてしまった。

対する神戸は57分、イニエスタがPA手前から絶妙なスルーパスを送ると、これに西が抜け出し、右からクロスを供給。一旦ははね返されるも、こぼれ球を拾ったポドルスキが最後は得意の左足でミドルシュート。しかし、枠の上へと外れてしまった。64分にはポドルスキの対角線のクロスに走り込んでいたビジャが狙うも、枠を捉えきれず。圧倒的にチャンスを作る神戸だが、肝心のゴールが奪えない。

C大阪は64分に水沼を下げて都倉を投入。1トップの柿谷をシャドーに下げ、最前線に屈強なフィジカルを兼ね備える都倉を据えた。さらに69分には清武に代えてこちらも新加入のレアンドロ・デサバトがピッチに。ソウザが1列前のシャドーに上がり、デサバトはボランチの位置に入った。

前半とは打って変わり、攻勢を強めるC大阪は77分、右CKを獲得すると、キッカーは丸橋。正確なボールを蹴り込むと、ファーサイドで木本恭生がGKキム・スンギュに競り勝ち、ボールはファーサイドへ。これに走り込んでいた山下達也がフリーで押し込み、C大阪が先制点を奪取した。なお、山下のゴールは今季のJリーグ第1号となった。

1点ビハインドとなった神戸は、反撃を試みるもC大阪の粘り強い守備を前に最後までゴールを奪えず。試合はそのまま終了し、1-0でホームのC大阪が勝利。関西ダービーを制し、開幕白星スタートを切った。

GOAL:2/22(金) 21:27
https://www.goal.com/jp/




190222 cosaka3

190222 cosaka

 

セレッソ大阪 1-0 ヴィッセル神戸

得点者
C大阪  77分 1-0 山下 達也

C大阪   神戸
10 SH 11
4 CK 4
16 FK 14

入場者数 (42,221人)
天候・気温・湿度 (曇 / 11.4℃ / 52%)

試合情報
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/022201/live/#live














































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村