1101 matumoto

スタートダッシュで逃げ切り成功。松本が勝点3を奪い取る

お互いに順位表では下のほうにいるチーム同士の一戦となったが、この日のサンプロ アルウィンは6,350人の観客動員を記録した。ホームの松本サポーターのみならず、アウェイの山口サポーターの姿も。やや肌寒い気候の中でもスタンドからは熱気が漂っていた。

ホームサポーターの応援に勇気づけられた松本は、キックオフ直後から攻勢をかける。まず開始3分に左CKのチャンスを得ると、そのこぼれ球を鈴木 雄斗が左足で押し込んで先制点を挙げる。間髪入れずに7分にも、背後に抜け出した阪野 豊史が相手DFを背負いながらもタイミングを見計らってシュート。これが決まって、早い時間で2点のリードを奪うことに成功する。

後半に前への推進力を高めたのは1点ビハインドの山口で、両サイドが高い位置を取ったことで松本は押し込まれる時間も続く。しかしリスクマネジメントした守備で要所を抑え、背後を取りたい山口も決定機まで持ち込めない。こうしてアウェイチームの攻勢を、最後まで粘り強くしのいだホームチームが2-1で勝利し、勝点3を手中にした。

jleague.jp:
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/110117/live#recap




松本山雅FC 2-1 レノファ山口FC

得点者
松本  03分 1-0 鈴木 雄斗
松本  07分 2-0 阪野 豊史
山口  35分 2-1 高井 和馬

松本   山口
13 SH 5
6 CK 1
14 FK 17

サンプロ アルウィン
入場者数 (6,350人)
天候・気温・湿度 (晴 / 17.1℃ / 20%)

試合情報
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/110117/live#live



関連記事:













































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村