1115 okinawa

再び琉球に“阻止される”…3位長崎、8戦ぶり黒星で昇格圏と5差に

 J2第34節が15日に各地で行われた。18位FC琉球は敵地で3位V・ファーレン長崎と対戦し、1-0で完封勝利。2試合ぶりの白星を挙げた。敗れた長崎は、昇格圏内の2位福岡とのポイント差が2から5に開いている。

 後半もスコアレスの時間が続く中、琉球は後半17分にFW阿部拓馬との交代でMF池田廉を投入。すると同24分、池田がMF小泉佳穂とのパス交換からPA内右に進入し、ゴールライン際から折り返す。ニアのMF河合秀人が倒れながら右足で押し込み、先制弾を奪った。

 ビハインドを負った長崎はFWビクトル・イバルボやFW富樫敬真など攻撃のカードを切り、前への圧力を強める。しかし、無得点で試合終了となり、8戦ぶりの黒星で連勝は4でストップ。開幕からの連勝を4で止められた前回対戦の第5節(△1-1)に続き、再び琉球に5連勝を阻止される格好となった。

ゲキサカ:11/15(日) 16:18
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?316388-316388-fl



V・ファーレン長崎 0-1 FC琉球

得点者
  69分 0-1 琉球 河合 秀人

長崎   琉球
5 SH 10
4 CK 10
12 FK 13

トランスコスモススタジアム長崎
入場者数 (6,004人)
天候・気温・湿度 (晴時々曇 / 21.9℃ / 58%)

試合情報
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/111527/live#live/

戦評
https://www.jleague.jp/match/j2/2020/111527/live#photo



関連記事:
















































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村