0928 suzuka2

鈴鹿に初のJ3ライセンス!! ほかJFL5クラブにも継続交付、順位要件など満たせばJ3参入へ

Jリーグは28日、本年度の第9回理事会を行い、JFL所属の6クラブにJ3クラブライセンスを交付することが決まった。

 J3ライセンスが交付されたのはラインメール青森、いわきFC、ヴィアティン三重、鈴鹿ポイントゲッターズ、奈良クラブ、FC大阪。鈴鹿は初交付となった。今後「年間事業収入1.5億円」「債務超過なし」の要件について承認を受けた後、今季のJFAで4位以内かつ百年構想クラブのうち上位2クラブに入ればJ3参入となる。

ゲキサカ:9/28(火) 16:44
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?342031-342031-fl




鈴鹿公式
J3クラブライセンス交付決定のお知らせ

いつも鈴鹿ポイントゲッターズをご支援頂き誠にありがとうございます。

この度、弊クラブは、本日開催されましたJリーグ理事会にて2022年シーズン「J3クラブライセンス」の交付が決定いたしましたので、お知らせいたします。(※今年6月に申請を提出しました)

なお、Jリーグ入会(J3リーグ参加)までの道のりは下記に示す通りですが、今後は11月の理事会にてJリーグ入会が審議されます。入会を最終承認されるためには、以下の条件をJFL最終節終了時点で満たす必要があります。

【Jリーグ入会条件】

  1. 順位要件(JFL4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2位以内)
  2. 平均入場者数 2,000人超(2021年度は適用外)※下記参照:【参考】J3入会審査項目

0928 suzuka

ライセンスが交付されましたので、理事会で承認されましたら、今期の成績がJFL4位以内、かつJリーグ百年構想クラブの中で2位以内に入れば、来季からJ3が私達の活躍の場となります。

まだまだ厳しい戦いが続きますが、昇格の希望を持って戦えることを心から喜び、残りのシーズンを皆様と共に戦って参りたいと思います。

引き続き、鈴鹿ポイントゲッターズへの熱いご声援をよろしくお願いいたします。

鈴鹿公式https://suzuka-un.co.jp/news/43094/



関連記事:


































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村