1204 niigata2

新潟FW田中達也が21年間のプロ生活に別れ「夢のような素晴らしい時間を過ごすことができた」

アルビレックス新潟は4日、FW田中達也(39)が今季限りで現役を引退することを発表した。

 田中は2001年に帝京高から浦和レッズに入団し、12年にわたってプレー。ナビスコ杯(2003年/現ルヴァン杯)、J1リーグ(2006年)、天皇杯(2005年、2006年)、ACL(2007年)と数々のタイトル獲得に貢献し、個人としてもJリーグ優秀選手賞(2003年、2004年)、ナビスコ杯最優秀選手賞(2003年)、ナビスコ杯ニューヒーロー賞(2003年)などに輝いた。

  2004年にはU-23日本代表としてアテネ五輪に出場し、翌2005年に日本代表デビュー。同年から2009年まで国際Aマッチ通算16試合に出場し、3得点を記録した。

  その後、2013年に新潟へ完全移籍。初年度から主力として活躍したが、加入9年目の今季はここまで公式戦の出場はなかった。

ゲキサカ:12/4(土) 12:35
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?346830-346830-fl



新潟公式:田中 達也 選手 現役引退のお知らせ

いつもアルビレックス新潟に温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、当クラブ所属の田中達也選手(39)が、2021シーズンをもちまして、現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。


1204 niigata

田中 達也(Tatsuya TANAKA)選手 

  • ポジション FW
  • 背番号 14
  • 生年月日 1982年11月27日(39歳)
  • 身長/体重 167cm/62kg
  • 出身地 山口県
  • 経歴 帝京高 → 浦和レッズ → アルビレックス新潟
  • 代表歴 U-23日本代表、日本代表
  • 出場記録
     J1リーグ通算333試合出場66得点 J2リーグ通算55試合出場3得点
     カップ戦通算64試合出場17得点 天皇杯通算22試合出場11得点
     ACL通算8試合出場3得点
  • コメント
    「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました。
    浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。
    この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました。時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました。
    そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています。
    多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています!

    皆さん、本当にありがとうございました。」

新潟公式https://www.albirex.co.jp/news/61847/



関連記事:






































にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村