0510 iwate

ゴミ堆肥化→米生産→子ども食堂…“大きな輪”を作った岩手がJシャレンアウォーズ初受賞!

 Jリーグは10日、2022年度の「Jリーグシャレン!アウォーズ」の各賞を発表し、いわてグルージャ盛岡の「ゴミで繋ぐ未来へのパス、グルージャごみゼロPJ」がソーシャルチャレンジャー賞に輝いた。

 Jリーグシャレン!アウォーズは、全58クラブが2021年に実施したホームタウン・社会連携(シャレン!)活動の中から、特に社会に広く共有したい活動を表彰する取り組み。20年度から始まり、今回が3回目となる。ソーシャルチャレンジャー賞、パブリック賞、メディア賞の3賞が設けられており、いずれも一般投票と選考委員会の選考によって選ばれた。

  岩手の取り組みは、スタジアムグルメの食器に丸紅株式会社の循環型容器『edish』を活用し、食後に農業生産法人うしちゃんファームの協力を経て堆肥化した後、地元の米農家とともに協働で行っているグルージャ米プロジェクトに活用するというもの。スタジアムグルメが盛り上がりを見せる中、1試合あたり軽トラック4台分のゴミが出ていたが、これが1/3に減少したという。

  さらにプロジェクトで生産された「グルージャ米」は地元で販売され、スーパー『ベルジョイス』の協力を受け、クラブと特定非営利活動法人『まちサポ雫石』が運営する子ども食堂に提供。またedishの分別回収をサポーターが担うなど、クラブ・事業者・サポーターの多くが関わる仕組みとなっている。

ゲキサカ:5/10(火) 15:35
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?358615-358615-fl



関連記事:






























にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村