【東京V】45歳永井秀樹引退!93年J開幕からプレー、カズに次ぐ現役最年長2位

nagai161110

東京VのMF永井秀樹(45)が現役を引退することが9日、分かった。10日に発表される。今季の現役では横浜CのFW三浦知良(49)に次ぐ年長選手で、1993年のJリーグ開幕時から現在もJでプレーしているのはカズと伊東輝悦(42)=J3秋田=だけとなった


 永井は「引退を決意したのは今年の夏ぐらい。2年半前にヴェルディに戻って来た時、45歳を区切りにしたくて背番号を45にした。今年はけがで8か月プレーできず、プロサッカー選手として胸を張ってピッチに立つことができなかった」と明かした。今季は2試合に出場したが、6月8日の岐阜戦で左膝を負傷して以降はリハビリが続いていた。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000048-sph-socc


【東京V】45歳で引退の永井は「静かな伝説」…元祖番記者が振り返る 
  49歳で現役生活を続ける三浦知良(横浜FC)とは、読売クラブ(現・東京V)に入団した1992年当時、チームメートとして共に戦い、ヴェルディの黄金期を築いた。

Jリーグ現役年長第2位選手は、世界からの称賛の光を浴びるカズの陰に隠れるような形だったかもしれない。それでも、後に移籍して活躍した横浜フリューゲルス、横浜マリノス、清水エスパルスなど数々のチームで優勝に貢献

それぞれのクラブサポーターからは「相手チームにいるときはヤな選手だったけど、自分のチームにいると、これほど頼りになる選手はいなかった」という声を聞くことは多かった。

http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161110-OHT1T50116.html


nagai1611102

http://www.verdy.co.jp/itemview/template116_1_2126.html

所属クラブ  ウィキペディアより
 

1983年 - 1985年   大分市立明野中学校
1986年 - 1988年   長崎県立国見高等学校
1989年 - 1991年   国士舘大学
1992年 - 1997年   ヴェルディ川崎
1995年                  福岡ブルックス (現 アビスパ福岡)(期限付き移籍
1996年                  清水エスパルス(期限付き移籍)
1998年                  横浜フリューゲルス
1999年 - 2000年   横浜F・マリノス
2001年 - 2002年   東京ヴェルディ1969
2004年                  大分トリニータ
2005年                  FC琉球
2006年 - 2007年   東京ヴェルディ1969
2008年 - 2013年   FC琉球
2014年 -                東京ヴェルディ

獲得タイトル

1985年  第16回全国中学校サッカー大会優勝
1987年  第66回全国高校サッカー選手権優勝
1992年   ヤマザキナビスコカップ優勝
1993年  ニコスシリーズ優勝、ヤマザキナビスコカップ優勝
              サントリーチャンピオンシップ優勝
1994年  ニコスシリーズ優勝、ヤマザキナビスコカップ優勝
                サントリーチャンピオンシップ優勝
1996年    ヤマザキナビスコカップ優勝
1998年    第78回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝
2000年    ファーストステージ優勝、サントリーチャンピオンシップ出場
 


にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
Jリーグ ブログランキグ にほんブログ村