J2サッカー通信イメージ画像

J2を中心に国内サッカーのまとめ・応援ブログです

J2サッカー通信 イメージ画像

    負傷

    残留争い佳境の讃岐に大きな痛手…MF鈴木拳士郎は今季絶望、MF永田亮太は全治最長8週間 カマタマーレ讃岐は29日、MF鈴木拳士郎とMF永田亮太が負傷し、それぞれ手術を行ったことを発表した。 鈴木は19日のトレーニング中に負傷。診断の結果、左足関節外果の骨折と内側靭帯の
    『カマタマーレ讃岐 MF鈴木拳士郎とMF永田亮太の負傷について発表 J2残留争い佳境に痛手』の画像

    山口のルーキー楠本卓海、左足関節外側側副じん帯断裂で手術…今季3試合出場 レノファ山口FCは25日、DF楠本卓海が左足関節外側側副じん帯断裂と診断されたことを発表した。同選手は手術を受け、8週間の加療予定となっている。 楠本は1995年生まれの22歳で、身長182センチメ
    『レノファ山口 DF楠本卓海選手が左足関節外側側副じん帯断裂と発表 今季加入182cm大型ルーキー』の画像

    清水、FWクリスランが全治8カ月の大ケガ…右ひざ前十字じん帯を損傷 清水エスパルスは23日、ブラジル人FWクリスランの負傷を発表した。 クリスランは20日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第30節・サンフレッチェ広島戦に先発出場したが、37分に負傷交代していた。静岡市
    『[J1]清水エスパルス FWクリスランの負傷を発表 全治8カ月… J1リーグ 29試合出場8ゴール』の画像

    甲府FW金園英学、全治8カ月の大ケガ…練習試合で右ひざじん帯負傷 ヴァンフォーレ甲府は16日、FW金園英学が右ひざ前十字じん帯損傷、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月7日に行われたトレーニングマッチで負傷。全治約8カ月と診断されている
    『ヴァンフォーレ甲府 FW金園英学が全治約8か月の重傷と診断されたことを発表 今季J2 20試合出場6得点』の画像

    栃木DFメンデス、左ひざ前十字じん帯を再断裂…手術のため帰国 栃木SCは10日、DFメンデスが左ひざの前十字じん帯再断裂だと診断されたと発表した。全治は8カ月と診断されている。なお近日中に行われる予定の手術のため同日中にブラジルへ帰国する。 メンデスは2017年途中に
    『栃木SC 復帰が待たれていたDFメンデス 左膝前十字靭帯再断裂 全治は8カ月と診断』の画像

    岡山DF後藤圭太、水戸戦での負傷で右ひざ手術…全治6~8週間と診断 ファジアーノ岡山は9月2日、DF後藤圭太が手術を受けたと発表した。同選手は8月26日に行われた明治安田生命J2リーグ第30節の水戸ホーリーホック戦で負傷。31日に右ひざ関節遊離骨片除去手術を受け、全治6~8
    『ファジアーノ岡山 水戸戦で負傷のDF後藤圭太が右ひざ関節遊離骨片除去手術を受けたと発表 全治6~8週間』の画像

    新潟MF加藤大がトレーニングゲーム中に負傷…全治約6週間の見込み アルビレックス新潟は23日、MF加藤大が診察の結果、左第二中手骨骨折で全治約6週間の見込みと診断されたことを発表した。 同選手は12日のトレーニングゲーム中に負傷したという。今季はここまでJ2リーグ戦2
    『アルビレックス新潟 MF加藤大 左第二中手骨骨折で全治約6週間と診断されたことを発表』の画像

    大宮DF菊地光将が左足腓骨骨折で全治約3カ月…主将として今季全試合に出場 大宮アルディージャは29日、DF菊地光将が負傷離脱することを発表した。菊地は27日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の栃木SC戦で負傷。左足腓骨骨折で全治まで約3カ月を要する見込みとなった。
    『大宮アルディージャ キャプテンDF菊地光将が負傷離脱 左足腓骨骨折で全治約3カ月』の画像

    熊本DF園田拓也、右ハムストリング肉離れで全治約4週間 ロアッソ熊本は23日、DF園田拓也が右ハムストリング肉離れで全治約4週間と診断されたことを発表した。 園田は12日に行われたJ2第14節横浜FC戦で負傷。今季は9試合に出場し、1ゴールを記録していた。 ゲキサカ:5/23(水
    『ロアッソ熊本 横浜FC戦で負傷のDF園田拓也 全治約4週間の診断と発表 今季9試合出場1ゴールを記録』の画像

      ↑このページのトップヘ