J2サッカー通信イメージ画像

J2を中心に国内サッカーのまとめ・応援ブログです

J2サッカー通信 イメージ画像

    負傷

    岡山、今季ここまで全試合出場のMF上田が左大腿部肉離れで離脱 ファジアーノ岡山は17日、14日の明治安田生命J2リーグ第9節ジェフユナイテッド千葉戦で負傷したMF上田康太が左大腿部肉離れと診断されたと発表した。全治は6~8週間としている。 現在32歳の上田は昨季ジュビロ
    『[岡山] 千葉戦で負傷のMF上田康太が左大腿部肉離れと診断されたと発表 今季全9試合に出場』の画像

    甲府MF佐藤和弘が靭帯損傷で離脱へ ヴァンフォーレ甲府は15日、MF佐藤和弘が検査の結果、左膝内側側副靭帯損傷で全治約6週間と診断されたことを発表した。7日に行った町田戦の前半途中に負傷交代していた。同選手は今季、町田戦まで開幕から全試合に出場していた。 ゲキサカ
    『[ヴァンフォーレ甲府] MF佐藤和弘が全治約6週間と診断されたことを発表 今季8試合に出場』の画像

    甲府に痛手、山本英臣が肉離れで全治8週間の離脱…鹿児島戦で負傷 ヴァンフォーレ甲府は19日、DF山本英臣が右腓腹筋肉離れと診断されたことを発表した。同選手は9日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節の鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。全治約8週間の見込みと発表されてい
    『[ヴァンフォーレ甲府] DF山本英臣が右腓腹筋肉離れ 全治約8週間の見込みと発表 今季は開幕3試合連続で先発』の画像

    岐阜DF北谷史孝、左ひざじん帯損傷で離脱…徳島戦で負傷、全治約2カ月 FC岐阜は10日、DF北谷史孝が左ひざ関節内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月3日の明治安田生命J2リーグ第2節・徳島ヴォルティス戦で負傷。全治は約2カ月と診断されている。 北
    『[FC岐阜] J2第2節 徳島戦で負傷のDF北谷史孝 左ひざ関節内側側副じん帯損傷と診断 全治約2カ月と発表』の画像

    連敗スタートの山口、岸田和人が手術…復帰まで6週間程度の治療へ レノファ山口FCは5日、FW岸田和人が右外側半月板断裂、右続発性膝関節症と診断されたことを発表した。同選手は手術を受け、復帰まで6週間程度の治療を受ける予定。 岸田は1990年生まれの28歳。大分トリニー
    『[レノファ山口] FW岸田和人が手術を受け、復帰まで6週間と発表 昨季はJ2リーグ29試合出場4得点』の画像

    J2栃木 法大でインカレ制したルーキーDF黒崎が開幕6日前に骨折 全治3~4カ月  J2栃木は24日、DF黒崎隼人(22)が左腓骨骨折と診断され、21日に宇都宮市内の病院で手術を受けたと発表した。18日の練習中に負傷した。復帰までは3~4カ月を要する見込
    『[栃木SC] 今季加入のルーキー、DF黒崎隼人が手術を受けたと発表 復帰までは3~4カ月』の画像

    残留争い佳境の讃岐に大きな痛手…MF鈴木拳士郎は今季絶望、MF永田亮太は全治最長8週間 カマタマーレ讃岐は29日、MF鈴木拳士郎とMF永田亮太が負傷し、それぞれ手術を行ったことを発表した。 鈴木は19日のトレーニング中に負傷。診断の結果、左足関節外果の骨折と内側靭帯の
    『カマタマーレ讃岐 MF鈴木拳士郎とMF永田亮太の負傷について発表 J2残留争い佳境に痛手』の画像

    山口のルーキー楠本卓海、左足関節外側側副じん帯断裂で手術…今季3試合出場 レノファ山口FCは25日、DF楠本卓海が左足関節外側側副じん帯断裂と診断されたことを発表した。同選手は手術を受け、8週間の加療予定となっている。 楠本は1995年生まれの22歳で、身長182センチメ
    『レノファ山口 DF楠本卓海選手が左足関節外側側副じん帯断裂と発表 今季加入182cm大型ルーキー』の画像

    清水、FWクリスランが全治8カ月の大ケガ…右ひざ前十字じん帯を損傷 清水エスパルスは23日、ブラジル人FWクリスランの負傷を発表した。 クリスランは20日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第30節・サンフレッチェ広島戦に先発出場したが、37分に負傷交代していた。静岡市
    『[J1]清水エスパルス FWクリスランの負傷を発表 全治8カ月… J1リーグ 29試合出場8ゴール』の画像

    甲府FW金園英学、全治8カ月の大ケガ…練習試合で右ひざじん帯負傷 ヴァンフォーレ甲府は16日、FW金園英学が右ひざ前十字じん帯損傷、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。同選手は今月7日に行われたトレーニングマッチで負傷。全治約8カ月と診断されている
    『ヴァンフォーレ甲府 FW金園英学が全治約8か月の重傷と診断されたことを発表 今季J2 20試合出場6得点』の画像

    栃木DFメンデス、左ひざ前十字じん帯を再断裂…手術のため帰国 栃木SCは10日、DFメンデスが左ひざの前十字じん帯再断裂だと診断されたと発表した。全治は8カ月と診断されている。なお近日中に行われる予定の手術のため同日中にブラジルへ帰国する。 メンデスは2017年途中に
    『栃木SC 復帰が待たれていたDFメンデス 左膝前十字靭帯再断裂 全治は8カ月と診断』の画像

      ↑このページのトップヘ